メニュー

【BBC】BON BON CLINICは東京銀座の美容クリニック

instagram

BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★ BON BON CLINIC GINZA ★

メニューOUR MENU

韓国メニューならボンボンクリニック

【韓流】童顔ドールチークDOLL CHEEK

童顔ドールチークとは

童顔ドールチークとはヒアルロン酸注射によってチーク部分のボリュームをアップさせ、丸みをおびた頬を形成する治療です。人は加齢に伴ってチーク部分の脂肪が減少するとともに下方に流れていきます。更にその脂肪に引っ張られる形で、目の下の脂肪も引っ張られ全体として“老け顔”の原因となってしまいます。童顔ドールチークではチーク部分の深層部にヒアルロン酸注射を行うことで、自然な立体感を作るとともにヒアルロン酸による肌の弾力が増すことでリフトアップ効果やそれに伴う小顔効果も期待できます。
また童顔ドールチーク治療はチーク部分のボリュームが増えると両頬と顎先を結んだ形がハート形に見えることからハートチーク🄬とも呼ばれています。

ヒアルロン酸注射とは

ヒアルロン酸とはムコ多糖類の一種であり、人体には皮膚や関節、眼球、脳といった様々な部位に存在している物質です。ヒアルロン酸は抜群の保水力を持つことが特徴で、わずか1gのヒアルロン酸で6Lもの水分を保持することが出来るとされています。その特性を活かして日本では1987年から医薬品としての使用が認められており点眼薬や、関節注射に用いられるほか、保湿系の化粧品などさまざまな用途で利用されています。
美容医療の現場では皮膚に注射することで肌の保湿性の改善や、ハリや弾力の改善による若返りに用いられるほか、頬、顎、鼻、唇などのボリュームアップにも利用されています。生体との馴染みが非常によいため、異物反応による炎症や違和感が生じにくいこともメリットです。またもともと生体内にある物質であるため、徐々に吸収されていき、異物として残ることがない、というメリットがある反面、効果を持続させるためには繰り返しの施術が必要となります。
ヒアルロン酸注射には様々な製品があり、硬さや吸収されるまでの時間、価格に違いがあるため、使用するヒアルロン酸については担当医とよく相談して選ぶようにしてください。もちろんご自身で選ぶことができない方には、ご要望を伺い一人一人に最適と思われるものを提案させていただきます。

童顔ドールチーク治療が必要になる理由とポイント

年齢を重ねる事で起こるチーク部分の平坦化やたるみは避けられません。その原因は頬部の皮膚皮下組織を支える支持靭帯の緩みや、骨が吸収され萎縮すること、皮下脂肪の萎縮などが複合的な要因となっています。またもともとチーク部分の骨量が少ない方や、脂肪量の少ない方などは、年齢にかかわらず頬がこけた印象を与えてしまい、くたびれた印象ややつれて不健康な印象を与えてしまいます。
どちらの場合でもヒアルロン酸が支持靭帯を補助するように胸骨骨膜上に注入していきます。この際近くに眼窩下神経孔という神経の出口があるので、神経を傷つけないためには熟練した術者による施術が望ましいです。また神経損傷を恐れて深い層への注入をためらい、浅い部分へと注入すると、施術直後はきれいなふっくらした頬ができますが、注入したヒアルロン酸自体の重さが支持靭帯への負荷となり、長期的に見ると更なるたるみを誘発してしまう危険性があります。やはり経験豊富で信頼できる医師のもとので受けていただくことが重要になります。

手術療法との比較

チークのボリュームアップ目的の手術としてはシリコンプロテーゼ挿入術が一般的です。下眼瞼の裏、もしくは下睫毛の縁を切開し、ヒアルロン酸を注入するのと同じ胸骨骨膜部にシリコンプロテーゼを留置してくるものです。効果は留置している限り半永久的というメリットがある反面、腫れが完全に引いて完成形になるまで2~3か月程度はかかるというデメリットがあります。また稀ですがプロテーゼという人工物を留置することに伴ったトラブルも報告されていたり、長期的には顔の他の場所と釣り合いが取れなくなる可能性があるなど、いきなり手術を受けるには覚悟が必要かと思われます。そうした方にはいったん吸収されるヒアルロン酸での施術を行っていただき、治療後のお顔に満足いただけ、永久的なものとしたい、という場合に手術へと踏み切ることをお勧めします。

童顔ドールチークをおすすめの方

・丸くふくらみを持ったチークを作りたい方
・頬に立体感を出したい方
・年齢とともに生じた頬のたるみをリフトアップしたい方
・頬のたるみからくるゴルゴラインを改善したい方
・小顔になりたい
・頬のボリュームアップをしたいけど手術は避けたい方

童顔ドールチークのダウンタイム

当院の童顔ドールチーク治療ではヒアルロン酸を用います。ヒアルロン酸は非常に生体との馴染みがよい物質のため、腫れや痛みといったダウンタイムはほとんどありません。ただし、施術時に毛細血管からの出血があった場合、内出血が起きることがあります。しかし内出血は1週間程度で自然に吸収されるのでご安心ください。また多くの場合で内出血はメイクで隠れる程度のことがほとんどです。

童顔ドールチークはどのくらい持つ?

当院の童顔ドールチーク治療はヒアルロン酸注射によってチークのボリュームアップを行います。ヒアルロン酸注射は生体と馴染みが良い分徐々に吸収されていきます。通常童顔ドールチークの施術で用いるヒアルロン酸注射はやや柔らかい製剤を用いることが多く、個人差はありますがその場合の効果持続期間は約半年から長くても1年程度です。

韓国メニュー価格

【韓流】切らないM字リップ/スマイルリップ(ヒアル+ボトックス) 韓国製27,390円 税込 アラガン製51,220円 税込
【韓流】切らない人中短縮/Cカールリップ(ヒアル+ボトックス) 韓国製27,390円 税込 アラガン製51,220円 税込
【韓流】切らない貴族手術(鼻翼基部ヒアルロン酸) 韓国製31,900円 税込 アラガン製59,400円 税込
【韓流】童顔ドールチーク(ヒアルロン酸) 韓国製63,800円 税込 アラガン製118,800円 税込

ボンボンクリニックの安い上手い【韓流】童顔ドールチーク

BONBONCLINIC ボンボンクリニックの安い上手い【韓流】童顔ドールチークにお越し頂いてる方には銀座駅から徒歩数分、アクセスしやすい美容外科、美容皮膚科クリニックとご好評をいただいております。東京は新宿、渋谷からも安いし上手いし銀座まで来ます!とお声を頂いております。関東は横浜や千葉などからもいらして下さる方もいらっしゃいます。